乗用車や軽自動車の車検は安全に車を使用するために必要不可欠

車内を快適に保つ

車内

車内を清潔に保つには、カー用品を活用することが良いでしょう。ハンドルカバー、シートカバーやカーマットなどのグッズは、車内設備を維持する際に最大限の効果を発揮します。

Read More..

車検の知識をもつ

笑顔の女性

乗用車や軽自動車を所有している方は、定期的車検を行なうことが義務付けられています。新車で購入した方は、購入から3年目に検査を行なう必要があり、それ以降は2年毎に検査を行なう必要があります。車検は、所有している乗用車・軽自動車や経年劣化などの影響がなく安全に運転できるかを検査する制度です。車検にかかる費用は、乗用車や軽自動車などの車種や、交換が必要なパーツ数で違います。検査費用の他にも、重量税や自賠責を支払う必要がありますので、軽自動車の場合では最低でも34,070円を支払う必要があります。車検期間が切れた車を使用すると、道路運送車両法の無車検運行によって違反点数6点・30万円以下の罰金を支払う必要があります。自賠責保険が切れていた場合、更なる罰則が課されますので、車検は期限内に確実に行なう必要があるのです。車検サービスを行なっている会社では、様々な割引サービスを展開しています。検査時に代車のレンタルをしないことで、割引が適用されるサービスや、早めの時期に検査予約をとっておくことで、早割が適用される場合があります。定期的に行なう必要がある検査なので、継続的にサービスを利用するためにも、自分に合ったサービスを選択することが大切なポイントになります。また、日頃から愛車の点検・メンテナンスを行なうことも、車検を安く済ませることができます。故障しやすいパーツや、定期的な交換が必要な消耗品などの、車の知識を持つことで正確なメンテナンスを行なうことができるのです。

外装の強度を上げる

複数の車

自動車を長く乗り続けるためには、外装の点検も大切な項目です。ワックスやコーディングを施すことで、サビやキズに強い外装にすることができます。カー用品店でキットを購入することで、自分で施工することも可能です。

Read More..

費用を抑えるポイント

自家用車

車検にかかる費用を安く抑えるには、ユーザー車検がおすすめです。しかし、自動車への知識や技術が求められるユーザー車検は、素人には難しいでしょう。インターネットの比較サイトを利用することで、理想に適った業者を選択しましょう。

Read More..